住宅改修理由書作成支援アプリ

Home renovation reason statement creation support app  by Universalspace

対象者の身体状況と施工内容を入力いただければ生成AI(ChatGPT)が最適と判断した理由書の文例を出力いたします。

入力した個人情報は、理由書を出力するために使われ、AI上には保存されませんので、ご安心ください。

なお、AIの生成する文章は正確性を担保するものではございません。出力された内容をご確認の上、ご自身の責任において編集・情報追加しご活用ください。

    STEP1. 被保険者情報

    氏名必須

    被保険者番号

    住所

    生年月日

     

    性別

    要介護状態区分

    STEP2. 対象者情報

    疾患・障害・家族状況・普段の歩行状態など、現在の状況をキーワードで入力してください。必須
    ※要支援の方であれば予防プランの左端「アセスメント領域と現在の状況」を丸ごとコピー&ペーストしていただくことをお勧めします。

    STEP3-1.提案内容1

    【提案場所】必須

    【改善したい動作】必須

    【工事内容】必須

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】必須

    【改善したい動作】必須

    【工事内容】必須

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】必須

    【改善したい動作】必須

    【工事内容】必須

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】必須

    【改善したい動作】必須

    【工事内容】必須

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】必須

    STEP3-2.提案内容2

    【提案場所】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】必須

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    STEP3-3.提案内容3

    【提案場所】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    STEP3-4.提案内容4

    【提案場所】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    STEP3-5.提案内容5

    【提案場所】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    【改善したい動作】

    【工事内容】

    【工事個所の補足情報】

    【改修目的・期待効果】

    現地調査日

    福祉用具利用状況

    車いす

    特殊寝台

    床ずれ防止用具

    体位変換器

    手すり

    スロープ

    歩行器

    歩行補助つえ

    認知症老人徘徊感知機器

    移動用リフト

    腰掛便座

    特殊尿器

    入浴補助用具

    簡易浴槽

    追加項目(必要な場合のみ)

    標準書式以外の場合は市町村を選択してください

    利用者電話番号

    (日常生活動作)寝返り・起き上がり

    (日常生活動作)立ち上がり・着座

    (日常生活動作)歩行・移動

    (日常生活動作)段差昇降

    (日常生活動作)その他

    家屋形態

    居住家族形態

    戸建ての場合
    主に  で生活

    利用者のいる居室

    現在

    特記すべき居住形態(やむを得ず2階で生活する場合の検討経緯など)

    理由書アプリQ&A

    アプリの疑問はこちらで解決!

    この理由書アプリが生成AIに渡すデータは「STEP2 対象者情報と「STEP3 提案内容」だけです。

    STEP1の被保険者に関する情報はAIを通さず理由書のスプレッドシート(EXCEL)書式に反映いたします。

    ただ、もしご不安がある場合は氏名を匿名もしくは未記入で作成していただき、スプレッドシートに出力後に直接入力するなど対応いただければと思います。

    AIが出力した文章はスプレッドシート(EXCEL)に出力されますので、自由に編集することができます。気になる部分があれば加筆・修正しましょう。

    文書はAIが作成するため正確性を担保するものではありません。不正確な情報が紛れることもありますので、印刷・提出前に必ずご確認いただき、必要に応じて修正をお願いします。

    AIに渡す情報量が少ないと、不足した情報を埋めようと、事実でないことをそれらしく補おうとするのがAIです。

    できるだけ対象者情報や提案場所に関する補足情報を詳細に入れていただくとよりリアリティのある理由書を作成することができます。

    対象者情報には、

    「疾患・障害名」「生活動作の様子」「屋内・屋外の歩行の状況」「家族の状況と支援内容」「利用している介護サービスと支援内容」が含まれていればベストです。

    要支援の方であれば、予防ケアプランのアセスメント領域(運動移動などの4領域)を丸ごとコピー&ペーストするのがおすすめです。

    AIで作ったことが絶対にバレないとは言い切れません。ただ、バレたとしても、これはあくまで補助ツールです。最終的に文書の調整や確認も必要になりますので、専門職の皆様が作成者であることは変わりありません。

    注意したいのはAIは英語圏のプログラムなので、英語で出力したものを日本語に変換しています。日本語として不自然な言い回しや主語が不自然に多いと感じる場合は、自然な文章に整えてあげてください。

    上部へスクロール